​エキゾチックパートナーズ藤原

​餌屋が考える『お金』とは?

普段我々が使っている『お金』。

​今の時代物を買うにもサービスを受けるにも必要不可欠なものですが「そもそもお金ってなんぞや?」と思った人はどれくらいいるでしょうか?

​私(藤原)はこのエキゾチックパートナーズを立ち上げ自分だけで色々取引をしている頃にふと思ったのです。なぜこんなコインや紙切れで物が買えたり出来るのか。

私は今まで『仕事』についての勉強はしてきましたが『お金』や『経済』の勉強はしたことはありません。がそれでも今までの人生や知識や経験を活用しながら私なりの答えをだしてみました。

その答えはずばり、お金(通貨)とは「発行国の信用・価値を数値化したもの」で、硬貨や紙幣は「その書かれた数値分だけの信用を保証する保証書」のような物だと考えています。

(だからこそ、その国の通貨を多く持っている「お金持ち」という物はそれだけその国も信用や価値を保証する物になります。そのメリットしてそのようなお金持ちはその国でいい生活が出来るようになるのです。)

​例えば日本ならば通貨単位が円ですが、万札なら「円という単位で10000という数値分保証しますよ」事になるのです。

さらに現代では「為替相場」という物があり誰でも見る事が出来るようになっています。

​これは、1米ドル=108円などというように各通貨の価値を比較できます。基本一番影響力のある米ドルとの比較ですが。

つまり、それぞれの通貨の価値がどれくらいかが分かりやすくなったのです。

この為替相場がなかったときはいくら数値化しても比較することもできずその通貨(とその通貨を発行している国)の価値が分かりません

だから、日本の小判などのように貨幣を金など希少金属で作り貨幣自体に価値を持たせなければいけなかった訳です。

じゃあ通貨の価値はどのようにして上がっていくのか?という話なのですが、保有者が増え流通量が増えれば上がっていくでしょう。

​じゃあ流通量を増やすにはどうすれば良いのかという話なのですが、これはその国にしかない製品や観光資源を作っていかねばならないという話になってくると思います。

またそれぞれの国には『記念硬貨』や『記念貨幣』という物があります。

こういう記念物を何で通貨で発行するのかですが、これは限定品という価値で国内だけでなく世界各地の人にその国の通貨を持ってもらう手段なのでしょう。日本の場合だと天皇在位記念金貨とかですかね