生き餌昆虫生産者が食べてみる

​タイランドユニーク社2種

​カブト&サソリ

​今回は昆虫食を生産しているタイランドユニーク社の商品中で硬そうな物を食べてみます。それがこの2種

サソリとカブトムシ(メス)です。

​正確に言うと、サソリは昆虫ではないですが、まぁここでは細かい事は気にしない事にしましょう。今回は、この2種それぞれを食べてみた感想を着てきます

​カブトムシ(メス)

中には成虫のメスが3匹。日本のカブトムシ位の大きさはありました。

匂いとしては昔カブトムシ買ってた時の土の臭いを思い出しました。

で、問題の味の方なんですが…これがまぁ、

 

本当に美味しくなかった。

こんなこと強調すべきではないのだろうけどいや、本当に美味しくなかったのですよ。

​食べ物でここまで後悔したのは初めてかもしれない。

苦みと臭みって言えばいいのですかねぇ、それが口の中に広がりかなり強烈でした。塩味とは書いてありますがそんなものなんて分からもしない(タイランドユニーク社の塩味ってかなり薄いというのもあるのですが)

​飼育難易度が日本のカブトムシ位なら大量生産も難しくないのでしょうが、味がなぁ…。

 

昆虫食を味わう際にはどう活用すれば美味しいのかというのも考えるのですが、これに関しては本当に思いつかない。

食べ物にこんなこと言うべきなのではないのでしょうが、罰ゲーム位しか思いつかない​…。

​美味しくできる方求む

​サソリ(チャグロサソリ)

中にはサソリは1匹が入っていました。

偶然ハサミと本体でちぎれていたのでそれぞれ分けて食べてみました

​まずハサミですが、まぁ見た目通り硬い。

​味としてはやはりチキン質なのでエビの尻尾ににたような感じ。特に強調してくる苦みなどもありませんでした。

次に本体。

もう、この見た目だけで食べるのどころか触るのもNGという人は結構いそうですよね(笑)

食感や味としては…苦みを強くした乾燥エビを殻ごと食べてるような感じでしょうか?

正直、他に美味しい物は他にいっぱいあるよという感じ。

あと高い!1匹で2000円以上もする。

大量生産できるような生き物ではないので仕方のない部分はありますがこれが最大の問題でしょう。

これを解決するには美味しいく頂く調理法や加工品を確立して、なおかつブランド化して高くても買ってもらえるように価値を上げていくしかないでしょう。

調理法として個人的にやってみたいのは

​少し厚めに切ったバゲットの上にこのサソリとガーリックバター乗せてオーブンで焼いて食べるという物。

​この組み合わせか結構良いと思うのですが…次回挑戦ですね。

​こちらで購入が可能です

© 2023 by JOJO's REPTILE WORLD.Proudly made by Wix.com