​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

November 28, 2017

まず、Googleにて「デュビア」とPCで検索すると2ページ目に載りました!!

これも皆さんも閲覧してくれるおかげです。

これからもエキゾチックパートナーズをよろしくお願いいたします。

さて、これからはこのエキゾチックパートナーズの今後の話をしていきます。

少し堅苦しい話にはなると思いますが良ければご覧ください。

今後、と言ってもエキゾチックパートナーズは個人運営なので私(藤原)の思いがそのまま反映されるのですが。

では、今後エキゾチックパートナーズの目指す所は何かというとそれは「生き物を必ずしも売る必要の無いショップ」です。

どういう事かと言う...

November 23, 2017

ガラス水槽で爬虫類を飼育している方も多いと思います。

また、普通に熱帯魚を飼育している方も多いと思います。

そこで問題になって来るのがガラスの汚れです。

熱帯魚なら壁面のコケ、爬虫類なら霧吹きなどで出来る水垢汚れなどです。

100均で売っている激落ち君などのスポンジなどでも掃除出来るのですが、それだとすぐにボロボロになって使い捨てになってしまったり、スポンジのカスが水槽内に残ってしまったりします。

そこでオススメなのが

このセリウムスポンジです。

このセリウムスポンジだとかなり長持ちしますし、ある程度頑固な水垢やコケも取る事が可能です。

勿論このセ...

November 23, 2017

デュビアなどのゴキブリは世間一般で言えば害虫です。

しかし、ゴキブリが「害虫」として認知され始めたのは歴史的に見ればつい最近らしいのです。むしろ害虫というマイナスのイメージではなく「富の象徴」プラスのイメージだったようです。

なぜ富の象徴なのかと言うと、昔ゴキブリはその土地の有力者の家にしか来なかったからだそうです。

なぜ有力者の家なのかというと、有力者の家には良質な食材があるからです。そして、良質な食材を揃えるにはそれ相応の財産が必要になります。

そのため、家でゴキブリを見かけたら自分が財を成した証となったのです。

つまり…デュビア含め数種...

November 21, 2017

本屋で偶然見かけて購入しました。

高橋のぞむ氏の「世界一ゆるいいきもの図鑑」

です。

twitterなどでは時折イラストなどを拝見していたのですが、本が出ているとは知りませんでした。

早速購入して読ませて頂いたのですが、凄く面白かったです。最近は生き物の産地や価値や状態・品種ばかりにとらわれていたのですが、昔持っていたはずの純粋に不思議な生き物を楽しむ・興味を持つという事を思い出させてくれました。

私が幼い頃にあった「どうぶつ奇想天外」という自然や世界の生き物を紹介する良番組があったのですが、それに通ずる物があると感じました。

生き物の飼育方法...

November 18, 2017

久しぶりにスイッチが入りました(笑)

 別水槽ででこっそり育てていたモンステラ・デュビアとラフィドフォラsp.とモス類で作っております。

床材も含めその時自分が持っていた物で作りました。

 モンステラ・デュビア

光が当たると葉がラメのようにキラキラ光って綺麗です。

別に「デュビア」と名前に入っているから選んだ訳ではありません(笑)。

 ラフィドフォラSP.

壁を登る植物の一種です。こういう植物の名称があったはずなんだけど何だったっけな…。クライマー植物だったかな。

まだ植えたばかりでどちらも株が小さいですが、これからちゃんと育てれば葉が密集し奇麗な...

November 12, 2017

ペット、特にエキゾチックアニマル類を飼育している人は自分の生活をないがしろにしている人はそれなりにいると思っている。

私もその一人だったし(笑)特に学生時代。

あの頃は淡水・海水の観賞魚にハマっていて、食費削って観賞魚の費用にしておりました。

朝昼の飯は基本水道水と角砂糖だけで生活したり。

(時折当時の友人何人かで学食に行く事はありました。その時はそれなりにちゃんとした物食べるのですが「お前の美味しいの言葉は重みが違う」なんて言われたりしました。解せぬ。)

おかげさまで身長180cmあるのに体重54kgまで落とした事があります。減量中のボクサ...

November 11, 2017

以前販売開始を紹介したデュビアMIXサイズが思いの他人気な状況です。

恐らく、うちで今一番売れているサイズなのではないのでしょうか?

元々は繁殖用に使うか迷っていて無選別のままだった個体の販売だったのですが、これだけ人気とちゃんとした販売に回そうかなと考えております。

ただ、そうなって来るとMIXサイズは個体ごとのサイズ差が非常に大きく在庫状況により平均的な大きさが変わって来ます。

値上がりする事は無いでしょうが、小さいサイズが多い場合によっては値下がりしている可能性もあります。

所謂時価というやつです。まだどうなるかは分かりませんが。

という...

November 5, 2017

爬虫類を飼育していれば、保温球などを点けるためにソケットが必要となります。

人によって使うソケットの種類・形状は飼育しているケージ・水槽の形状などによって変わりますが、水槽の淵などに挟んで使うタイプのソケットで私がオススメするソケットをご紹介いたします。

それがこのソケット↓

ヤザワのクリップライトです。

このクリップライトの良い点は関節部が丈夫である事です。

爬虫類用の同様のクリップソケットはライトの照明の向きを変える関節部が次第に緩くなってしまう事が多く、緩くなったまま使うと急に関節部が曲がってライトが変な方向を向き、最悪保温球が壁にぶつ...

November 3, 2017

現在販売を停止しているメイガワームの幼虫。

このメイガワーム。幼虫の最大サイズが1cm程度、太さが1mm程度で小型の両生類などの餌として最適な餌なのですが、うまく繁殖させるためにはまだまだ未知な部分が多い生餌となります。

ただ、このメイガワームの繁殖。

ある条件が一定数無ければ繁殖は難しいと考えられます。

それは「密度の高さ」です。

当方のメイガワームのボトルの1つです。

見えにくいとは思うのですが。ボトルの側面やボトルの蓋に壁のように張られています。

幼虫が一定数の数がいるとこのような状態になります。

幼虫はこの糸の壁を登ってボトルの蓋部分などで...

November 1, 2017

先日、宮崎県総合博物舘に特別展示見に行って来ました。



一部難しい内容があったけど、中々楽しめました。個人的に古刀にとても興味が惹かれました。


大昔の人が作った、もしくは書いたものが実際に残っていてこの目で見れるのって興奮しませんか?

余談が長くなってしまいましたが、その帰り道。



宮崎神宮の敷地内でサツマゴキブリの死体を見つけました。

ここ数年良く見かけるようになったんですよね。
宮崎も最近は冬でも暖かい日が続く事が多いので住みやすくなって増えてきているのかもしれませんね。

サツマゴキブリも普通の日本人のゴキブリのイメージと...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索