​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

July 31, 2018

現在、販売をしていないブラベルスなのですが、繁殖については続けています。 

販売再開はいつかしようとは思っているのですが、そのタイミングはいまだ未定。

販売サイズは大型サイズ幼虫のみになると思います。

また価格も以前のような安さではなく、かなり値上げする予定です。

それでも良いという方むけに販売していく予定です。その時はよろしくお願い致します。

July 30, 2018

前回書いたツノトカゲやその他小型トカゲ、サンショウウオの幼体などのために生まれたてのコオロギが必要になる事がある人もいると思います。

生きた生まれたてのコオロギを入手するための方法は2つ。

まずは売っている所から購入する方法。

これは文字通り生まれたてのコオロギを売っている所から購入する方法です。

この方法ならばお店に行くだけで簡単に入手する事が可能です。

ただ、この方法の最大の問題はそもそも生まれたてのコオロギを売っている所が少ないという事です。

生まれたてのコオロギは弱いし取ろうとしても潰れたりして管理が大変です。ショップとしてもわざわざこ...

July 29, 2018

最近はツノトカゲなんかも良く見るようになりました。

そんなツノトカゲ、蟻を食べる個体なんかもいるので餌用蟻なんかも売っているのか調べてみると…ありました。

人間用でしたがね!!(笑)

ちなみに女王アリのパックもあります。希少なのはこっちでしょう。ちなみにこちらも塩味。

 人間用に味付けされているので爬虫類には使えません。

残念ながら爬虫類用の餌用蟻はネットショップでは見つかりませんでした。餌用ムカデは見つかったのにね(笑)

ちなみに、ツノトカゲの餌は別に蟻でなくても生まれたてのコオロギの初礼幼虫などでも代用できるようです。

生きているのが用意出来...

July 28, 2018

私の父の実家が鹿児島の屋久島にあるので私が小学生の頃は夏休みにはその屋久島の実家に行っていたのです。

その屋久島に帰省中の夜にカブトムシを見に行かせてもらったのですが、近くの樹を蹴るとぼとぼとクワガタ・カブト、その他昆虫が落ちてきます。

場所によっては面白い位落ちてきました。

その屋久島のカブトムシ、普通のカブトムシと違いオスの角がものすごく小さい個体が多いのです。時にはぱっと見メスに見間違える事もあったり。

おそらく、屋久島の土自体が非常に栄養が乏しいのでこういう個体になるのかなと思ったりもします。

屋久島ってまず土自体ががほとんど無くて(...

July 27, 2018

夏と言えば怖い話、と言うのも定番なのではないでしょうか?

と、言う訳で私がけ経験したちょっと怖い話をひとつ。

これは私が中学生だった頃の話です。

私は吹奏楽部に在籍していたのですが、その部活の活動が終わったら使用した校舎の窓の戸締り点検をするのが決まりだったのです。

その日私は校舎の1階の戸締りを1人でしていました。その校舎1階には工作室と図書室があるのですが、その階の戸締りが終わり3階に戻ろう(音楽室が3階にあり、帰る際はその音楽室そばの非常階段を使って帰る)と思い図書室のそばを通ったらいきなり廊下側のその図書室の窓という窓と出入り口の木...

July 26, 2018

爬虫類の飼育ケースの温度確認という物は基本的にスポットの温度確認という人も多いと思います。

ちなみに個人的オススメの温度計は非接触型の温度計。

すぐに特定ポイントの温度が計れます。↓

サーモグラフィーというのはアレです。冷たい所が青く表示され暑い所は赤く表示されるあれです。

 そのサーモグラフィーで爬虫類飼育ケースを見たらケース全体の熱い所寒い所が分かるのです。

またそのケースで飼育している生き物の体温も知ることが出来ます。

これ、爬虫類にだけでなくアクアなどにも使えるのではないでしょうか?

場所ごとの水温確認などに。

欠点があるとすれば、若干慣れ...

July 25, 2018

最近ではホントに色々な生き物が入ってきます。

最近では特定の生き物を専食する生き物も入って来ます。

当たり前ですが、そういう生き物を飼育するためにはその特定の餌を用意する必要があります。

その問題も最近の保存技術や企業の取り組みのおかげで解決出来るのですよね。

その一例としてがこの餌。

 『プロバグズ ムカデ2匹入り』です。

はい、餌用ムカデの真空パックです。

こんな物もあるのかと知った時は驚いた物です。しかもこのムカデ養殖品なのだそうです。

わざわざ他の餌を食べる生き物にこのムカデを与える必要はありませんので、この餌はムカデを専門に食べる生き物の...

July 24, 2018

ひょんな事からアカギを見る機会がありました。

このアカギ、麻雀の漫画なんですよね。

私ギャンブルなどしないのですが、この漫画の内容を楽しむために麻雀のルールをちまちま勉強中。

今ではYouTubeなんかで動画で解説してくれていますし。

しかし、話には聞いてはいたのですが、ルール難しいですねぇ。

一日二日では覚えられませんわ。

覚えたら覚えたらでやる事があるのかねぇ。

私の周りでやっている人がいるなんて話聞きませんが。

あ、ゲームとかならいけるか。

July 23, 2018

『特定のもしくはお気に入りの餌が分からないダンゴムシ・ワラジムシを買うための飼育環境を今手持ちの素材で作ってみる』というお題を基にして作ってみたレイアウト(?)ケージ

床材はお馴染み『金の腐葉土』。

今ある素材などで作ってみるがというお題だったので腐葉土はこの一種類だったのですがその他のカブトムシ用の高級腐葉土などを混ぜて使うのも良いでしょう。

飾りには朽木と流木を。この2つも飼育する種類によっては餌になるかもしれません。

これに何か観葉植物を植えるのも良いでしょう。葉や根なんかを食べるかもしれません。

また、今回はダンゴ、ワラジ用として作っ...

July 22, 2018

ニッポニテス。

その名の通り日本列島やカムチャッカ半島の沖の浅海に生息していた異常巻アンモナイトです。

名前の通り日本という学名が付いているので日本古生物学会のシンボルマークにもなっています。

 海洋堂のニッポニテスの復元図フィギュア(画像クリックで販売ページに飛べるようにしております)

私も不勉強な物で知らなかったのですがこの異常巻アンモナイトという物、『異常』ではなくこのような形が普通なのです。

つまり、ニッポニテスが3匹いたら三匹とも同じ形になるのです。

この形はカイメンと共生するためだとか、泳ぐときに水中を遊泳しやすいするための形等の説...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索