​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

January 25, 2019

桜の木の幹に付いていたイラガの繭の抜け殻。

これが実はガの繭だと知っている人は意外と少ないらしくて教えると驚く人が結構います。

ただ、これの中身ありを見た人って結構少ないのではないかと思うのですよね。大体破れた抜け殻がほとんどで。

私も今まで見た事ない、と思う。

まぁ、熱心に探していないだけというのもありますがね(笑)

January 24, 2019

部屋の片づけをしていたら懐かしい物が出てきました。

ディスカスの繁殖に使う産卵筒です。

中学生位だったでしょうか、若魚から育てていたディスカスが偶然ペアになってポンプに産卵し始めたのであわてて購入した物だったはずです。

1度の産卵でそれなりの数産卵し、そのうち半分位は目らしき物が確認できるまで発生していたのですが、その後卵が無性卵を含め無くなってしまっているのですよね。

3回ほど産卵をしたのですが、どの時そのような感じでした。

図鑑やらネットの情報しらべて色々試行錯誤したのですがねぇ。今考えるとむしろそれが悪かったのかなとも思っていたり。

January 23, 2019

去年一昨年位からやるやる詐欺になってしまっているジャイアントウッドローチの販売。

今年こそ…今年こそやります。

販売時期は春と秋の死着リスクの低い時期を予定しています。

年中販売するような数もありませんしね。

販売サイズは幼虫で、それなりに大きくなった物から選びます。予定としては3cm以上からかなぁ。

販売が定額ではなくヤフオクでのオークション形式を予定しています。

最初の販売は気温を見なが4~5月お予定中です。気になる方はもうしばらくお待ちください。

January 22, 2019

前々回かな?の記事で紹介したenkeeoの電撃殺虫器。

購入して数日間、ゴキブリ部屋等で使用してみました。

で、その使ってみての感想なんですが

『驚異的に捕まえる訳ではないが半永久的に使えるというメリットがとてつもなくデカい』

と言うのが私としての感想です。

私は以前金鳥のコバエがポットンという商品を使っていたのですが

 これが恐ろしいほど取れるんですよ、コバエが。

それはもう「俺、こんなコバエがいる部屋で生活していたのか…」と凹ましてくれるほどに。

使い捨てのコバエ取りではトッププラスの能力があると思っています。

ただ、これは先ほど言った通り使い捨...

January 21, 2019

現在エキゾチックパートナーズではデュビアをヤフオクで『定額』で販売しております。

ただ、最近の品薄(少しは改善されたっぽい)の影響により在庫を用意し出品してもすぐに売れてしまい早い物勝ちという状況です。

そんな状況で思ったのが「この状況で今の価格より高く購入する事になってもうちのデュビアを欲しい人がいるのか」という疑問です。

で、その疑問解消のために一部在庫を実験的にオークション形式での販売をしてみます。オークション形式でなら競争にもよりますが多少割高で購入してしまう事になっても最高値を付ければ必ず購入(落札)出来ます。

オークション開始価...

January 20, 2019

とか言っている私も止めちゃってるんですがねぇ(笑)。

理由はまぁ、単純ですよね。

餌並みの利益だと全然利益出ない(もっと言えばデカいからスペースも取る)し、かつペットローチの値段でも全然売れる。

冬の寒さにも結構弱いですしねぇ。やはり餌としては難しかったのかなと。

ペットローチとしては餌への貪欲さが強いので餌を食べている時の姿はかなり楽しめる物があります。

こっちも動画科していこうかなぁ。

January 19, 2019

電撃でコバエや蚊を殺すアイテムという物があります。

ただ、意外と値段が高かったり大きくて置き場所に困ったりすることが多いのですよね。

そんな中で偶然楽天で見つけたのがこれ。

 『enKeeo』のLED電撃殺虫LEDランタン。

元々アウトドアグッツで、充電式のLED照明電撃殺虫機能が1つになった物です。

充電はUSBから可能で何処へでも持ち運びが可能。フックもついていますのでロープや木の枝に引っ掛ける事も可能なのです。

これ、奇蟲飼育者の一部が悩んでいるコバエ対策にもつかえるのではないかと思ったのですよ。

………

で、我が家にも先日届きました。

意外と...

January 18, 2019

少し年数の経った家などで時折見かける事のある生き物、『紙魚(しみ)』

大きさは数センチほどで壁等をちょろちょろと動き回っています。

害虫として扱われている事が多いこの昆虫ですが、実は非常に原始的な特徴を持った生き物なんだそうですよ。

『原始的』と聞くと一気に価値が上がるように感じるのは私だけではないと思います(笑)

また、寿命もかなり長く最長7~8年位生きるそうですよ。昆虫でこの寿命はかなり凄くないですか?

で、本題なのですが、この紙魚『生き餌』として使えるのではないのか。と一部でいわれたりしているようです。

たしかに、寿命も長く大きくなり過ぎ...

January 17, 2019

とある生き物(?)について記事を書くために色々調べている時に偶然知ったのですが、ツバメケイという鳥がいるそうです。

何とこの鳥、まだはっきりとはしていないみたいですが『1目1科1属1種』という聞く人が聞けば興奮するなんて物ではない可能性を秘めているようです。

生態も非常に変わっており、主食はなんと草(サトイモ科などの食物の葉らしいです)。植物の実では無く葉。

葉っぱを主食にしている鳥なんて私ほとんど知らないのですが…。

他にも、ヒナは翼にカギ爪があって巣から落ちでも木を登って戻れたり(それ以前に普通の鳥のヒナと違い活発に辺りを動きまわるらし...

January 16, 2019

日本だけじゃなく世界でも話題になる事がある妖怪(?)『人面魚』

文字通り人の顔をした魚です。昔はシーマンとか流行ったけど、今の子供たちは知らないだろなぁ。

この人面魚、勿論実在は確認できていません。鯉などの額部分のウロコが顔に見える奴がいると言ってちょっと話題になる位でしょう。

だがもし、この人面魚が実在していたとしたらどんな生態をしているのだろうか、ちょっと考えてみました。

まず顔が完全に人の形をしていたら、目は正面を向いている事になります。目が正面を向いているという事は、『立体視』が出来るという事です。これは陸上の肉食動物等に見られる特...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索