​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

June 30, 2019

実はひっそりとあるデュビアを飼育しています。

それがこれ

『ゴールデンデュビア』という個体です。存在こそは以前から知っていましたが実際に見たのと飼育するのはこれが初めてです。

デュビアの中でも黄色っぽいものを選別交配していった物なのかな。

デュビアがペットローチだった時代は1ランク上の価格で売られていたようです。

その体色の違いはノーマルの比べてみると良く分かります。

オス成虫

 メス成虫

オスの違いは特に顕著ですよね。

羽の色が全然違う。

ちなみに幼虫もかなり黄色いです。

 脱皮直後という訳ではありません。ずっとこの色です。

現在20匹程度をサイズMIX...

June 29, 2019

ブログで海水水槽シリーズを立ち上げました。

最終的にはこのシリーズで自作の海水水槽の作成・紹介できればという野望を持っています。

何度か記事で書いた事ありますけど、私10代の頃海水魚にどっぷりハマっていた時期があったのですよ。

いや、今でも好きですよ?

サンゴだったらオオバナサンゴ、魚だったら…色々あるのですが、

でもですね、今やるなら海水魚やるなら最低でも90cm以上の水槽とそれに見合った規模の機材でやりたいと思うのです(当時は60レギュラーでやっていた)

なんでかと言うと、海水魚の場合『水量』と『機材能力』がホント重要なのです。

水量が大きく...

June 29, 2019

デュビアの最大サイズと言ったら勿論成虫です。個体差も結構ありますが大体4cm程度といった所でしょうか。

じゃあ、デュビアの幼虫の本当に生まれたての最小サイズってどんなもんなの?という話ですが、せっかくなのでちょっと集めてみました。

小さい物で5mm位でしょうか?

生まれたてのレオパやフトアゴ、両性類だったら大きめのヤドクガエルの成体の餌なんかにも行けるかもしれません。

それにコオロギのベビーのように簡単につぶれないのも有難い所。上の写真の個体も普通に指でつまんで集めましたし。

じゃあ、このサイズのみの販売は出来るのかといったら相当難しいでしょ...

June 28, 2019

久しぶりの妄想録です。そして記念(?)の2桁台突入です。

今回の生き物は『ミミック』

RPGなんかで宝箱に擬態して人が近寄って来た瞬間に襲い掛かって来るアイツです。

このミミックを「食事の必要がある生き物」として考えた場合、近づいてきた相手を襲うのは食料とするためと考えられます。

つまりミミックの捕食対象は「宝箱に良い物があると理解している知能を持った生き物」つまり人間という事になります。

で、そんなミミックを飼育する際の餌は物にあるかという話ですが、まぁ基本捕食対象にしている人間は与える事は出来ませんよね(よほど人間の命の重さが軽くない世界...

June 26, 2019

夜中に生き物全く関係ない事で調べ物していたら突然

「ツノゼミの本欲しい」

と欲求がいきなり降りてきました。

子供の頃から昆虫好きな少年少女は一部の種類の特異な姿に一度は心を奪われた事がある…はず!!

飼育してみたいと考えた人も多いでしょうが、そもそも生態が分かっていないものがほとんどだし、何より生きた個体が入って来ることなんてまずないですからね(後者については外国産の草食昆虫全般に言える事ですが)

そんなツノゼミの図鑑ないし写真集とか無いかなぁと思って調べたら…ありましたよ。

 早速購入しました。

丸山宗利氏の『ツノゼミ ありえない虫』です。

私も...

June 24, 2019

私の好きな昆虫の上位のほうにテントウムシがいます。

そのテントウムシの餌としてアブラムシがいます。

このアブラムシ自体も好きなんですよね(笑)

時折ゆらゆら揺れているのを眺めているのが好きなんですよ。

で、ここからが本題なのですが、このアブラムシの『餌』人工的に用意出来ないかと考えているのです。

小学生の頃なんかはテントウムシの人工飼料作りとかしていたのですが、アブラムシの人工飼料作りってやった事ないのですよね。

アブラムシの繁殖自体はこれも小学生の頃に挑戦した事はあるのですが…。当時はそこまで考えがいきませんでした。

アブラムシを普通の育てよう...

June 24, 2019

私が小学生の頃からあるから少なくとも20年前からあるミズガメの餌 

テトラレプトミン

結構ミズガメ飼育している人で愛用されている方は多いのではないでしょうか?

これの良い所って使用後の排泄物などによる水の汚れ、特に臭いが全然違うのですよね。

これ使っていたら他の餌中々使えなくなると思います。カメの排泄物の臭いが全然違うのですよ。

少なくとも私の所はそうでした。

ミズガメの餌に迷ったらとりあえずこれ選んでおけば間違いないです。

June 23, 2019

最近SNS上で飼育の規制がどうのこうのという話をよく聞くようになりました。

そんな中最近私は思う事があって、大型の観賞魚や爬虫類に対してなんですけど

「魚類や爬虫類で体長1メートル超える物は飼育に都道府県の許可必須にしてもいいのではないのか」

と思ったりもするのですよね。ヘビとか細長い生き物は例外を作るとして。

理由は単純に、そこまで大きい生き物になってくると生半可な覚悟じゃ飼えないからです。

そもそも大人になればちょっとした柵とか壁なら破壊出来るようなケヅメリクガメとかの幼体とかがお金さえあればその日の気分で即買えるってどう考えてもおかしい...

June 19, 2019

爬虫類の餌の種類にある冷凍餌。昆虫でもいくつか冷凍餌として存在していますがそんな中で冷凍のデュビアって意外と全く見ないのですよね。

デュビアは結構使う人も増えて来ているのであっても不思議ではないとは思うのですが本当に無いのですよね。

じゃあなんで無いのかというのを考えてみたのですが、以下の2つが理由にあるのではないのかなと思うのです。

①活きている個体でも管理が十分楽だから

➁同サイズの冷凍餌はもう十分すぎるほどある

③大規模設備がある企業がデュビアの生産を行っていない。

先ず①ですが、デュビアという生き物自体が生きている個体でもストックがもの...

June 19, 2019

そのうちサイトに特集組むと思うのですが、今回はその前にイナゴ(もしくはバッタ)という餌について書いていこうかなと考えています。

コオロギなどに次いでよく使われている餌の1つなのではないでしょうか?

イナゴは地域にとっては佃煮にされ人にとっては貴重なたんぱく源だった生き物ですよね。

で、このイナゴという餌の特徴として挙げられるのが「活き餌としてはまず売られていない」

という点なのではないでしょうか?

理由は察しがつく人が多いでしょうが『飛ぶ』と言いてもいいぐらい『跳ぶ』からですよね。

羽もコオロギの羽のように鳴くためではなく飛距離を伸ばすための物...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload