​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

October 29, 2019

趣味がてらちまちまと昆虫ゼリーの歴史について調べています。

主にいつ世界初の昆虫ゼリーが出来たかをなのですが…。

しかし、全然情報が出てこない。

まぁ面白いくらいに(笑)

どこか昆虫系企業の1つくらいは自社の物だけでも歴史位紹介してても良いと思ったのですが…

じゃあどうするかなのですが、人間用のゼリーの歴史から考察するしかないかと。

おそらく最初は人間用のゼリーを代用として試しに与えてみたのが始まりでしょうし。

・まず、世界の初のゼリーがどんな物だったか

・その人用のゼリーが大量生産出来る『製品』として確立したのはいつ位なのか

等々から「昆虫のための...

October 27, 2019

冷凍食品のチャーハンに昆虫食用のコオロギを入れてみました。

 チャーハンをレンジでチンしたあとコオロギを入れました。

この食べ方はかなり良かったです。

チャーハンの味とパラパラ具合に非常にマッチしていました。

今考えたら同じキチン質なのでエビチャーハンと似たような感じなのかもしれません。

チンした後コオロギを入れているのでサクサクさはコオロギの方が上でした。

その他昆虫食についてはこちら

October 27, 2019

生き物には【専食】という特定の物を食べる習性を持つ生き物がいます。

特定の植物や昆虫等々。

勿論野生化でも他の物も食べれたり飼育下などでは人工飼料などの代用品など例外も結構あるのですが、それは「そりあえずそれで済ませている」といった感じだと思うのです。

当然、それより

で…この専食、実は人間にもあると思うのです。

「この食べ物が無ければ生きていけない」

という物が。ソウルフードと言ってもいいのかもしれない。

人間は分類上は「ホモ・サピエンス・サピエンス」という1種の生き物ですが、1個体1個体の個性非常に強くもはや別種と言える位に違います。勿論生活...

October 19, 2019

以前購入した昆虫食のツムギアリをふりかけみたいにご飯にかけてみました。

実際に食べてみると、ツムギアリ自体はそこまで味が濃くなくアリがご飯の味に飲み込まれていたので味については何かしらの味の追加が必要な感じがしました。

あと、ギ酸の匂いなのか結構強い酸っぱい匂いがご飯の湯気に乗って鼻に入ってきます。これもちときついかなと。

ここについても何かしらの対策が必要そうです。

食感自体はご飯の中に程用サクサクさが乗り良かったです。

使った商品の詳細記事はこちら

October 18, 2019

ふと魚が描いてみたくなったので手元のスケッチブックで描いてみました。

中国洞窟魚 Sinocyclocheilus tianlinensis

なんか情報が全然ない魚を描いてしまった(笑)

ただ、超ごくまれにペットルートで入ってくるみたい。

大きさは10cmくらいみたいなのでスペース自体はどうにでもなりますが問題は水温と餌かなぁ。

洞窟なので水温はかなり低いでしょうから水槽用クーラーは必須でしょう。あと水質も出来るだけ清浄にしたいから(

雑菌に弱そう)大型フィルターと殺菌灯も欲しい。

餌の方は…洞窟に迷い込んで落ちてきた小さな昆虫とかかなぁ。だった...

October 18, 2019

私が学生の頃は何も考えず書籍なんかでレオパやボールの最新品種を追っていてただただ「スゲー」って言っていたのですが、餌屋をやり始めそれなりの年月が経った現在、モルフについて思う事は

「ノーマルこそ最も完成されたモルフなのではないのか?」

と思うようになってきました。

ノーマルというのは、野生化で生きていくために適度な大きさになり、余分な物を削いで、模様も目立たないようにだったり等々意味がある模様なんですよね。

だからこそ自然のレイアウトを組んでそこで生活させて一番映えるのはノーマルだと思うのです。

言い方がなんかアレなのですが、品種改良というの...

October 17, 2019

最近YouTubeで見つけたクジラの映像。

 すごい映像がきれいで一見の価値あり。

こういうの見るとホエールウォッチングっていいなぁと思うのです。

私自身はホエールウォッチングをした事はないのですが、学生の頃福岡で小型船舶免許取得のため船舶操作の実習をやっていた時に偶然スナメリが泳いでいるのを見たことがあるのですが、あれはすごく感動したなぁ(なんと講師も十数年やっていて初めてだったらしい)

水族館にもスナメリやイルカより少しい大きいゴンドウとかはいますが、奇跡的に見れる姿という物はこの上ない満足感がありものです。

あと水族館だとショーとやって...

October 16, 2019

予約していた本が届きました。

【部屋で楽しむ きのこリウムの世界】

タイトルにも書いてある通り、キノコを【生物(植物含む)】としてみた場合実は世界最大になる生物なのではないのか?という説があるそうです。

理由は、キノコと言うのは身体の一部で残りの部分は地中に菌糸という形で存在しておりその菌糸が山一つ覆っている事があるそうで、つまる所そのキノコは山と同じ大きさがあるという事になるのではないのか?という話から。

少し話が逸れましたが、そんな様々なキノコの育て方や瓶やケースを使ったレイアウト方法が紹介されています。

意外だったのはキノコって光が重要...

October 12, 2019

玄関先にアリグモがいるのを見かけました。

拡大図

 かっこいい形していますよね。

名前の通りアリに似た姿をしています。

ではなんでアリに似た姿をしているのかという話なのですが、調べてみると最初は

「アリに姿を似せ他のアリを油断させる事でその隙いアリを捕食していたのではないか」

と言われていたみたいなのですが、アリを捕食する姿というのは確認されなかったし、そもそも視覚にほとんど頼っていないはずのアリ相手に姿を似せるのはあまり意味がないのではないか?と言われ、最近では

「アリに姿を似せる事で外敵から襲われる可能性を減らしているのではないか」

と言われて...

October 10, 2019

色々イソギンチャクにも種類がありますが、その中で「好きなイソギンチャクは?」と聞かれたら私はウメボシイソギンチャクと答えます。

派手な赤い色も良いけれど、何かのテレビで(多分動物奇想天外)摘まんだら、子供を産む姿がとても印象的だったのですよね。

本州で見られるみたいなのですが、九州ではどうやら見らないみたいですね。

それを知らずに子供の頃は宮崎の青島で探したり(ヨロイイソギンチャクはたくさんいたけど)。

今までショップなんかいろいろ見ても地域によっては珍しくもない生き物で採取が基本なのか売ってなかったのですよね。

しかし、つい先日charmを...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索