​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

August 24, 2019

自分のペット用にデュビアを増やすだけならヤフオクなどで個人から買うのも含めどこでもいいのですがそれ以外に「販売もしたい」という人もいるでしょう。最近では昆虫はネットで誰でも取引できるのですよね。

その場合、繁殖サイクル作成以外に【梱包方法】【取引方法】【宣伝方法】など生き物以外の事も学ばなければなりません。でなければトラブルの元になりますし。

で、そんな必要な事を手っ取り早く学ぶ方法があります。

charmでデュビアを買うのです。

charmはペット用商品のネットショップの最大手です。最大手という事はそれだけ取引の数をこなしているという訳で...

July 29, 2019

以前私がこのブログで

「冷凍デュビアは売っていない」みたいな事を書いたのを覚えている方はいるでしょうか?

あ り ま し た 。

いやー、餌とかは時間を見て調べるようにとかしているのですが気づかなかったなぁ。

ただこの冷凍デュビア、1つ疑問がありまして…。

商品説明欄の所に

「大きさは6~8cm程度」

と書いてあるのですよね。

これについては「ん?」と言わざるを得ません。

なぜならデュビアは成虫で比較的大きな個体を測っても体長は4cm程度です。

触角を伸ばした状態で全長として測ったらギリ6cmは行くかもしれませんが…それだと若干詐欺っぽいような…。

…こ...

July 24, 2019

以前から気になっていたプロバグズデュビア届きました。

表からは何も見えませんが。

裏側をみると

 こんな感じ。

真空パックに入れられたデュビアの幼虫(終齢サイズの幼虫)を見る事が出来ます。

早速開封。

 真空パックに入れられた影響か少しペチャンコになっています。若干汁も出てるっぽい?

臭いは近づいて嗅がなければほぼ無臭です。ただ、鼻を近づけて嗅ぐと結構臭いです。

食いつきについては、デュビアを食べてくれるもしくはピンセットなどから餌を食べてくれる個体なら食べて可能性は高いのではないかと。

うちで使った時は普段で生きたデュビアを食べているフトアゴは食べ...

June 29, 2019

デュビアの最大サイズと言ったら勿論成虫です。個体差も結構ありますが大体4cm程度といった所でしょうか。

じゃあ、デュビアの幼虫の本当に生まれたての最小サイズってどんなもんなの?という話ですが、せっかくなのでちょっと集めてみました。

小さい物で5mm位でしょうか?

生まれたてのレオパやフトアゴ、両性類だったら大きめのヤドクガエルの成体の餌なんかにも行けるかもしれません。

それにコオロギのベビーのように簡単につぶれないのも有難い所。上の写真の個体も普通に指でつまんで集めましたし。

じゃあ、このサイズのみの販売は出来るのかといったら相当難しいでしょ...

June 19, 2019

爬虫類の餌の種類にある冷凍餌。昆虫でもいくつか冷凍餌として存在していますがそんな中で冷凍のデュビアって意外と全く見ないのですよね。

デュビアは結構使う人も増えて来ているのであっても不思議ではないとは思うのですが本当に無いのですよね。

じゃあなんで無いのかというのを考えてみたのですが、以下の2つが理由にあるのではないのかなと思うのです。

①活きている個体でも管理が十分楽だから

➁同サイズの冷凍餌はもう十分すぎるほどある

③大規模設備がある企業がデュビアの生産を行っていない。

先ず①ですが、デュビアという生き物自体が生きている個体でもストックがもの...

May 26, 2019

プロバグズが発売している真空生昆虫シリーズの1つにデュビアがあります。

 画像を見る限り大きさは3cm程度の幼虫でしょうか。

勿論真空パック状態なので管理は要りませんし日持ちもそれなりにします。

ただ、死んでいるので個体によっては与える際にピンセット等で動かして与える必要はあるでしょうが。

価格は5匹入り3パックで409円、1匹当たり27~28円ほどでしょうか?

うちの同程度のサイズの個体の価格が20円程で周りの販売者もそれくらいの価格なので活き餌と比べても異様に高いという感じもしません。

ただ毎回数百匹とか使う人にとってはこの数円の差がのちの...

February 27, 2019

最近になって偶然見つけて即購入した書籍

『ゴキだもん~美しきゴキブリの世界~』

害虫として扱われているゴキブリからペットとして扱われているゴキブリまで日本国内および海外のゴキブリが紹介されています。

何が良いって写真付きなのが良いですよねぇ。その他そもそもゴキブリとはどんな昆虫なのかという説明や飼育方法なんかも載っています。

今までこんな素晴らしい書籍を知らなかった事を後悔。

初版が2012年らしいので情報の古い所がもしかしたらあるのかもしれませんが、それを差し引いても素晴らしい書籍だと思います。

…まぁ、表紙が人によっては地獄のような写真なの...

February 24, 2019

色んな記事で紹介もされているし、かなり多くの人が使っている活き餌デュビア。

今でこそそんな感じですが、このデュビアがここまでメジャーな餌になったのはここ7~8年で評価が急激に伸びたからだと思うのですよね。

じゃあなんで伸びたかと言うと、やはり『楽』だからでしょうねぇ。

生命力が高いので死着リスクも少ないですし。ストック中のロスも少ない。

壁も登らない、跳ばない(ごく一部の成虫のオスは飛ぶ)、大きい個体にも使える、増やすのも簡単。

活き餌の主役コオロギと比べても圧倒的に楽なんですよね。

ゴキブリであるというデメリットはありますが、そのデメリットを...

February 8, 2019

人によってはミルワームやジャイミルの糞やフスマ材でアレルギーや喘息などが出る方が結構いるそうです。

それと同じようにデュビアでもアレルギー反応等が出る人がいるようです。

原因はデュビアの糞や死骸の細かいカス等だそうです。

こうなってしまったらもうデュビアは扱えませんので別の餌を扱う必要があります。

今では人工飼料も増えてきましたし、

ただ、販売している側はそうはいきません。

例えば私はメイン事業がデュビアの生産・販売です。そんな人間がアレルギー発症したらジ・エンドな訳です。

幸い私はアレルギーとかない無駄に丈夫な体ですので今の所そのような心配は少...

February 2, 2019

以前お話したヤフオクでの実験的なデュビアのオークション販売(SおよびLサイズ)なのですが、実際にやってみてどうだったかをご報告したいと思います。

で、どんな状況だったかと言いますと、Lサイズは全く競争なし。最初に入札した人が落札する感じでした。

対してSサイズ。これはある程度入札競争がありました。

個人的には逆にLの方で入札競争があると思っていたので少し意外でした。

元々うちのデュビアのLサイズはそんなに安くはなく、逆にSサイズは比較的安めな感じではあったのですが、現在の品薄状況を考えると大型の方が競争率高くなるかなぁとも思ったのですが(以...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索