​エキゾチックパートナーズ代表のブログ

December 1, 2019

最近育てているポトスを使ったレイアウトケージ。

 特に生体は入っていません。

この飼育環境を育てている状態です。今は生体入れずにこういう環境作りで楽しんでいる事がほとんどです。

凄く便利なケージもありますしね。

さて、今回はTwitterなんかで時々見かける爬虫類飼育の際に使うケージを100均のケースなどで応用する方法を見る事があります。

実際使い方は確かにすごく面白いし、かなり安く用意する事が出来ます。

かなり魅力的な物なのですが、気をつけなきゃいけないのはそういう100均のケースなんかを活用出来るのはある程度飼育経験を積んだ人だけだという事...

October 18, 2019

私が学生の頃は何も考えず書籍なんかでレオパやボールの最新品種を追っていてただただ「スゲー」って言っていたのですが、餌屋をやり始めそれなりの年月が経った現在、モルフについて思う事は

「ノーマルこそ最も完成されたモルフなのではないのか?」

と思うようになってきました。

ノーマルというのは、野生化で生きていくために適度な大きさになり、余分な物を削いで、模様も目立たないようにだったり等々意味がある模様なんですよね。

だからこそ自然のレイアウトを組んでそこで生活させて一番映えるのはノーマルだと思うのです。

言い方がなんかアレなのですが、品種改良というの...

October 9, 2019

周知の事実ですが、レオパやコーン、ボールには様々なモルフがあります。

色だったり模様だったり。時には大きさだったり。

つまり、それだけカラーバリエーションや模様の数があるという事です。

そして、それだけ模様が違えばその模様に合ったレイアウトという物も出てくるんじゃないかと思ったりもします。

例えばレオパの場合それぞれのモルフが一番映えるレイアウト、という物があると思うのですよ。

床材や隠れ場、レイアウトに使うアクセサリーなんかの色や材質の組み合わせとかで。

今は種類ごとに飼育環境の作り方の本がありますが、

 今後モルフごとの環境作りの本とか出てき...

October 3, 2019

書類整理していたら懐かしい物が出てきました。

 2014年のジャパンレプタイルズショーwinterのパンフレットです。

ご存じの通り静岡で開催される日本最大の爬虫類イベントの冬の陣です。

当時私は学生で初めて静岡のイベントにお客さんとしていったのですが、いやー規模凄かったですねぇ。

会場の広さ、お客さんの数は勿論そうなのですけど事前にホテル予約する際に色々ホテルも見ていたのですけど、一部の大きなホテルは「ジャパンレプタイルズショーでご宿泊のお客様へ」といったページ(宿泊お断りといった物ではなく生体を人目に触れさすなといった当たり前な注意書き...

October 2, 2019

少し前に起きた千葉県の大停電、かなりの日数電気が使えない状況だったようですね。

これ、爬虫類や観賞魚飼育している人にとってはとんでもないダメージですよね。

頬級も、ろ過装置も、照明も、クーラーも使えないのです。

犬猫のようにどこかに一緒に移動するというのも難しいからですね。

で、今回の件を見て改めて

「やっぱりエキゾチックアニマル飼育者には蓄電設備は必須だなぁ」と。

それも複数個。

電気があって初めて飼育が出来る生き物ですからね。

観賞魚は言わずもがなですが、爬虫類飼育者も冬場の長期停電なんて起きたらかなりの問題です。

そんなときに頼りになるのは非常...

August 28, 2019

最近ネットとか色々見ていると広告で楽天市場の商品が紹介されます。

まぁ、私はよく楽天さんにお世話になっていますしそれは妥当だと思うのですよ。

問題はそこで宣伝されている商品。

 最近、このコブラの巨大オブジェがやたら宣伝されるんですよね。

でけぇ…

このテの広告ってその人のアクセス履歴から判断して最も適した広告が出るらしいので、つまり私はGoogleさんから

『巨大なヘビのオブジェを欲しいと思われている男』

と思われいる可能性があるのかもしれません。

というか、どういう判断でこの巨大オブジェにたどり着いたのか。宣伝されるまでこんな商品あるのなんて知...

August 23, 2019

最近、爬虫類ユーチューバーで「ワニ飼育し始めました」みたいなもの見ます。
これは今はワニの飼育及び展示にそこまで力を入れている動物園なり水族館なりがまだ少ないからこそ『ワニの動画』という情報の商品の提供を個人がやり始めても優位性があったのでしょう。

見れる場所が少ないから観る人も多い。観る人が多ければそれだけ収益が期待できます。

ただ、いざ動物園などのような大手が展示に力を入れ始めたらその優位性がかなり下がると思うのです。使用できる土地面積と資金が桁違いですから。

特に最近では水族館は見せ方に相当力を入れている所多いですし。

さらにそんな動...

July 18, 2019

先日ジャイアントウッドローチに関して

「どれくらいも湿度が良いのか」

という質問をもらった。

ローチとか

まぁ、一応私もGウッドは販売できる位には繁殖出来ているのである程度は教える事が出来ます。

ですので、見た目どれくらいの湿り気があればいいのかは教える事が可能なのです。ただ、最後に

「あとは経験次第やね」

という言葉を必ず付けます。

結局、最後に一番重要なのは「自分の実践経験」なんですよね。どれだけ本を読もうと、どれだけ人から聞こうと。

自分のいる環境と自分の生体管理に使っている機材、それらを使って飼育してきた得た情報を基に自分だけの湿度管理及び維...

July 10, 2019

時折爬虫類の飼育のメリットとして

「犬猫より飼育が楽」

と書いてあったり言われる事もあります。

最近は爬虫類(レオパ、ボールとか一部亀)も名前つけられたりして『家族』として扱われる事も増えてきたでしょう。

勿論飼いやすさだけで家族の一員を選ぶのも考え物ですが、定期的に遊んであげる必要もなく餌(ご飯って言った方が良いかな)も毎日あげる必要もレオパやボールは無い。

たしかに、上に挙げた例をみれば手間は少ないでしょう。

ただ、爬虫類の飼育にはある大きな問題があります。

それは

「何かあったに取れる対策が圧倒的に少ない」

という事です。

例えば飼育している爬虫...

June 24, 2019

私が小学生の頃からあるから少なくとも20年前からあるミズガメの餌 

テトラレプトミン

結構ミズガメ飼育している人で愛用されている方は多いのではないでしょうか?

これの良い所って使用後の排泄物などによる水の汚れ、特に臭いが全然違うのですよね。

これ使っていたら他の餌中々使えなくなると思います。カメの排泄物の臭いが全然違うのですよ。

少なくとも私の所はそうでした。

ミズガメの餌に迷ったらとりあえずこれ選んでおけば間違いないです。

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索