EXOTICPARTNERS
          DUBIA+

​生き物を仕事にするためには

​最近は生き物関係を仕事にする人も多くなりました。犬猫だけでなく、観賞魚や爬虫類などのエキゾチックアニマルなどもそうです。

また、生き物系の専門学校の生徒も若干増えて来ている感じです。

生き物に関わる人がただ増える事自体は良い事でしょう。ただ1つ問題があって、みんな生き物の事『だけ』しか勉強してないのですよ。

生き物であれなんであれ何かを『仕事』とするならばそのもの以外の知識も絶対に必要なのに。

​例えば、将来観賞魚業界に行きたい人。

将来その観賞魚を仕事にした場合、その生き物の売る方法を知らねばなりません。

ただ、ほとんどの人がその売る方法の習得を行っていないのです。

ただひたすらに日々の飼育管理技術上げたり、生き物の知識をひたすらに増やしていたり。

それも勿論必要な事ですが、それは二の次なのですよ。

まずは自分の持っている、扱う生き物でどのようにしたら利益が出るのかを考え無ければならないのです。

自分の扱っている、紹介する商品をどのようにしたらお客が自分から買いたいと思うようになるのか

この生き物業界に来る人の多くは、趣味で生き物が好きだからか生き物を仕事にしたいと考えているのだと思います。

では、生き物の趣味で扱う際と仕事として扱う際の違いはどのような物なのか。

それは、優先される物が違うのです。

 

仕事の場合は金銭的利益

趣味の場合は自分の満足度

を最も優先して動くのです。

ただし、あくまで最も優先する物なだけであって仕事であっても満足感を得ても勿論良いです。

でなければいくら稼げても続きませんし。

また、仕事にしたい場合には利益の分散化という物も重要になってきます。

生き物販売以外にも生き物を土台に収益の獲得方法を作るという物です。

それについてはこちらのページで紹介しております。

​1章:生き物で考える仕事とお金

​2章:生き物で稼ぐの新たな形

​3章:オススメサービス・資料

​4章:生き物以外の収益および実践例