EXOTICPARTNERS
          DUBIA+

​なぜ生体販売以外の収益が必要か・新たな収益源の作り方

​今の個人の生き物屋の最大の問題点の言うのは生体販売以外の収益がほとんどない所が多いという所です。

つまり収益源が1か所からしか無いという所です。

これは大きな問題で収益という物は様々な所か得られるようにしておくというのが大前提だからです。この前提は大企業でであっても個人経営のお店(ネットショップ含む)であっても変わりません。

それなりの企業なら当たり前にやっています。ただ私たちが知らないだけで。

例えばJR九州、この会社の事業のメインは鉄道事業ですが他にもホテルや不動産事業を行っています。

 

これらの事業からも収益源を確保出来るようにしているのです。

個人経営でもこれと同様な収益源の分散化を行わなければならないのです。勿論、いきなり不動産投資は難しいので他の方法になりますが。

​この収益源を増やす事をしなければならないのは生き物屋のみならず他の個人経営のお店にも言える事ですが特に生き物屋はこの収益の多様化は重要です。なぜならそうしないと無理をしてでも色んな人に生き物を売りつけなければならずそうしないと自分が生活が出来ない状況がずっと続いてしまうのです。無理に売るのでその分飼いきれなくなって捨ててしまう人も増えて来て規制がさらに出来てしまう。

つまり生き物販売でしか収益が無い状態ですと自分達の首を絞めていってしまうだけなのです。

「販売する生体の管理で時間が無くて他の事が出来ない」といのは言い訳でしかないです。それはそれだけ生き物増やした人が悪い。

では、どんな生体販売以外で新たな収益源を作っていけば良いのか。

その方法はまずブログを作りそのブログの収益化を行う事です。つまりブログで自分の経験や知識を文章にして売るのです。

ブログという物は今や資産になるのですよ。(※資産とは?とい人はこちらをご覧ください)

このブログに自身が管理している生き物に事や日々の事、自分の考えなんかを書いていくのです。毎日。

どんなに雑でも短くても良いので毎日書いていくのです。

そうする事によってどんどんボリュームも増えていき、様々な人の目に留まるようになります。

例えがアレですけど、とても小さなホコリという物は良く見ないと目に付きません。しかしその小さなホコリがどんどん集まっていったらどんな人にも目に付いていくようになります。それと一緒なのです。

数記事しかないブログは誰の目にも留まりませんが、記事量が増えて大きくなったブログは自然と様々な人の目に留まるようになるのです。

そして、多くの人に目に付くようになったブログは収益も上げやすくなります。

そうして収益を上げるようになったブログが例えば平均して1記事で5円収益が入るようになったとしましょう。

100記事分であれば毎日500円、1000記事なら毎日5000円、そして10000記事なら50000円毎日入って来ることになるのです。

更に、ブログの記事という物は書いてしまえば後は何もしないで良いので何もしなくても毎日収入が入って来るのです。

それにブログなら無料で作れますし初期投資もかかりません。

ただ、まだほとんどの人がこれを行っておりません。

凄く貴重な情報を持っている人もいるのにそれを価値にして売っていない。非常に勿体ない事なのです。

そうして出た利益を元手を土台にに更に投資等を行い配当金等でさらに収益の分散化が出来るようになりさらに安定した収益を得られるようになります。

もうそうなれば生き物販売に頼る必要もなくなりますし、生き物を本当にちゃんと育ててくれる人にだけ売る事が出来るようにもなるのです。

そもそも、収益源の多様化を行わないという事は生き物屋というより経営者として失格です。

では記事の収益化を行っていくにはどうすれば良いのか。その方法についてはこちらで書いていますのでこちらをご覧ください。

​1章:生き物で考える仕事とお金

​2章:生き物で稼ぐの新たな形

​3章:オススメサービス・資料

​4章:生き物以外の収益および実践例