生き物(餌)屋の株を『飼育』するという考え方

「相場は生き物」なんて言われたりもします。

簡単に言ってしまえばチャート上がりなんかを健康状態に見立てて下がっていたら状態が悪く、上がっていたら状態が良いみたいな(笑)

そこでふと思ったのが

「生き物なんて言われているなら飼育できるんじゃね?」

という考えです。



勿論、相場全体というデカすぎる物を個人が飼育(所有)できる訳ありません。大きな生き物を飼育できないのと同じで。

ですので、自分の余力に応じて相場のごく一部を飼育していく感じになります。


そこで目に付いたのが『株』です。

これなら一部の株はかなりの少額で購入できますし。様々な『株』を買う事が出来ます。

最近では個人でも様々な証券会社から自分の好きな株(勿論投信や債券にも購入も可能です)を購入できますしね。

証券会社をペットショップ、そこで取り扱われている証券なんかを売られている生体

といった感じで。


で、生体として見て株を買う場合に大切な事は以下の2つではないでしょうか?

・好きな生き物を飼う→好きな株を買う

・逃がさない、つまり終生飼育→どれだけ下がっても保有し続ける。つまり売却をしない(ですので信用取引ではなく現物取引必須)

先ず「好きな株」を買うという物ですが…じゃあ好きな株ってなんぞやという話ですが、例えば私のような地方の人間だったら自分の地元に本社のある会社の株。電車や飛行機が好きなら鉄道会社や航空会社の株等々…。


それ以外だと将来の成長が期待できる株などもなります。今はあまり魅力がないけど将来の成長(株価の上昇やそれに伴う配当金の上昇)に期待が持てる株です。

ひと昔前にスーパーとかでもカップに入れて売られていた観賞魚『コッピー(アカヒレ)』

一見すると地味ですがちゃんとした環境で飼うとしばらくすると素晴らしい発色を魅せて、くれます。これと似たような感じで成長を期待して購入するのです。まぁ、いい発色を出す前に死んで(倒産)しまう可能性もあるのですが。


そういう意味でも良い株を見極める必要があるのでこれはちょっと上級者向けかもしれません。

最近では1株から買えるサービス(ネオモバとか)も増えてきているので少額からコツコツと購入しやすくなっています。


数字とか好きな人ならこの楽しみ方、結構楽しめるのではないでしょうか?

それにそのまま飼育していれば配当金などのメリットもありますし。

© 2023 by JOJO's REPTILE WORLD.Proudly made by Wix.com