デュビア・ブラベルス・レッドローチの普及を遮る「ゴキブリ」という4文字

August 17, 2017

クセが無く扱いやすい餌ゴキの王様デュビア

 

強い生命力で死亡ロスの少が魅力のブラベルス(アトロポス)

 

 

圧倒的繁殖力と適度な大きさのレッドローチ。

 

私が扱っているこの3種の餌用のゴキブリ、多少贔屓目で見ても先に挙げたように他の生餌と比べて餌として優秀な能力を持っている。

 

これら3種の餌用ゴキブリの魅力を伝えていくのが私の仕事なのだが…その過程でどう頑張っても私ではどうにもならない壁がある。

 

それが「ゴキブリ」というキーワードという壁である。

 

このキーワードだけで今まで伝えてきた魅力が全て崩れ去るほど強力で恐ろしい言葉である(笑)

 

日本人は先入観などもあり基本的にゴキブリが苦手ですしねぇ、北海道の方などはその限りではないらしいですけど。

 

まぁ、私も気持ちは分からないではないです。

このように偉そうに文章を書いている私も最初はゴキブリというイメージが邪魔をしてデュビアをビビリながら触っていたのですから。

 

デュビアのオスなんか特に日本産ゴキなんかにそっくりですしねぇ…場合によっては飛ぶ個体もいますし。

 

レッドローチなんて人によってはチャバネと一緒に見えると思います(笑)

 

で、この問題の解決法なのですが、この問題に関しては購入者様が慣れて頂くしかない(笑)

出来るだけ毎日触れ合ってください。大丈夫です、早ければ1ヶ月弱で慣れます。

 

慣れてしまえばコオロギなんかよりずっと管理は楽ですし素晴らしい生き餌ライフが待ってますよ。

 

ただ、注意してほしいのはデュビアやレッドローチに慣れたからといって日本産のゴキブリも慣れるかというとその限りではありません。

 

事実、私は餌用ゴキは触れても日本産ゴキブリは一切触れませんので(笑)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload