勢いでモンステラとラフィドフォラを使ったビバリウム

November 18, 2017

久しぶりにスイッチが入りました(笑)

 

 

 別水槽ででこっそり育てていたモンステラ・デュビアとラフィドフォラsp.とモス類で作っております。

床材も含めその時自分が持っていた物で作りました。

 

 モンステラ・デュビア

光が当たると葉がラメのようにキラキラ光って綺麗です。

別に「デュビア」と名前に入っているから選んだ訳ではありません(笑)。

 

 ラフィドフォラSP.

 

壁を登る植物の一種です。こういう植物の名称があったはずなんだけど何だったっけな…。クライマー植物だったかな。

 

まだ植えたばかりでどちらも株が小さいですが、これからちゃんと育てれば葉が密集し奇麗な姿を見せてくれるので今後に期待です。

 

 まだ水槽上部にはまだ空きスペースがありますが、この部分にはポトスなどを植える予定です。

 

ちなみに、床材は「金の腐葉土」という物を使用しております。

あまり腐葉土を使ったレイアウトは見ないので今後どうなるか楽しみです。

 

 

 

 活着植物を活着させるのは大体へゴ板ですが、へゴ板は固く加工がしにくく何しろ高いという問題があります。

 

このココウォールはへゴ板と同じように植物の活着に扱えるのですが、へゴ板と違い素材が柔らかく、ハサミでカットや曲げたりの加工も可能です。

厚みもそれなりにありますので植物もしっかりと活着できます。

 

そして、価格が安い。

へゴ板の10分の1程度の価格で購入する事が可能なのです。

正直、このココウォールのおかげで活着植物の栽培やレイアウトの応用の幅が大きく広がりました。

 

陸上植物だけでなく、アクアの水草の活着にも活用できます。

是非自分なりの使い方を探して見てください。

 

こちらから購入が可能です↓

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索