デュビア飼育初期の床材の失敗

March 24, 2018

エキゾチックパートナーズの初期の初期頃のデュビア繁殖ケースです。

 旗揚げ当初は爬虫類・昆虫の繁殖サイトだったんですよね。エキゾチックパートナーズって

そこから、宮崎のエサ不足問題に直面し、次第に餌への重心が傾き現在のデュビア販売・情報サイト「エキゾチックパートナーズ」が出来上がっていったのです。

 

まぁ、その辺の話は置いて置くとして。

写真を見れば分かるとは思うのですが、このケース床材が敷いてあります。

敷いているのはウサギなどの小動物用のハーブ入りの牧草。

その上に卵トレーを置いています。

 

現在、エキゾチックパートナーズではデュビア飼育の際には床材を敷くのを推奨しておりません。

それも、この床材での失敗があるからです。

 

まずこの牧草を選んだ理由が

「ハーブも入っているしダニとかも防げるんじゃね?」

という今考えたら非常に安直な物でした。それがいけなかった。

 

まず、取り出しが非常にめんどい。

牧草の間に潜り込んだりして取り出しにくいですし、牧草の奥に行ったデュビアを取り出そうとしたら乾燥して固くなった牧草が手に刺さり痛い痛い。

 

あと、牧草の茎の中を開いてみたらによく分からない虫が入っている事もたまにあったのでしばらくして床材を敷くのを辞めました。

 

現在は隠れ家は卵トレーのみです。

管理も取り出しもしやすいですしね。

 

卵トレーはここから買うのが一番お得だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload