エキゾチックアニマル業界とネットというのは実はとても相性がいい

May 7, 2018

ペットとして長い歴史のある犬猫やハムスターや小鳥などの小動物、最近癒しとしてメジャーになって来たアクアリウム系以外にも、世の中にはあまり表に出ないジャンルのペットというのが存在します。

 

なぜ表にでないのか、それは基本的に苦手な人が多く、飼育者も少ない生き物だからです。

 

例えば私がいる奇蟲類のジャンルは見たくない人のほうが圧倒的に多い訳ですよ。

餌用のゴキブリのデュビアはなどはまだいいとして、ペット用のゴキブリなんか飼育している人・興味のある人なんて言うのはとても限られます。

また、そのジャンルで仕事をしたいといってもとても大変でした。

なぜなら売れる人というのはとても限られるし、実店舗も中々出せません。

 

しかし、ネットの登場によってその流れが大きく変わりました。

どんなにマニアックな生き物でも情報や生体が手に入りやすくなり、売りやすくもなったからです。

ネットでこっそり検索し、コッソリ購入できるようになったからです。

売る側も実店舗を持たなくてもサイトやブログを作るだけで売る事ができますし。

それに、ブログやサイト作るのもタダで作れますしネットなら日本中、世界中から集客も可能です。

 

これは生き物以外のマニアックなジャンルな物にも言える事です。

どんな仕事にも可能性が出てきたのです。

 

問題は、現状ペット業界はネットを上手く活かして集客等をしている業者がほとんどいない所でしょうか?

サイトすら無い場合もありますし…。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload