棘皮動物内臓大事にしない説

June 25, 2018

棘皮動物。この仲間に入る動物は。

ヒトデ

 

 

ウニ

 

 

ナマコ

 

がいます。

この軟体動物たち、結構内臓を内臓を大切にしない事が多いのですよね。

 

例えばヒトデ。

彼らは食事の際体内から胃袋を出して食事します。

多少傷ついても問題なく再生できるからです。

 

ナマコはもっとひどくて、外敵に襲われた際に内臓囮にして逃げる事があります。

囮にした内臓はまた再生するそうです。

こんな事が出来るのは生命力が強い証拠ですよね。

ヒトデなんて一部の種は腕がちぎれてもちぎれた腕に体の一部がくっついていればそこから全て再生できるらしいですし。

生命力の強さを活かしすぎのような気がしますけど(笑)

 

唯一ウニは棘を作る事によって内臓を使わずに済んでますね。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload