爬虫類ケースの温度確認サーモグラフィーを使うという案

July 26, 2018

爬虫類の飼育ケースの温度確認という物は基本的にスポットの温度確認という人も多いと思います。

 

ちなみに個人的オススメの温度計は非接触型の温度計。

すぐに特定ポイントの温度が計れます。↓

 

 

 

サーモグラフィーというのはアレです。冷たい所が青く表示され暑い所は赤く表示されるあれです。

 そのサーモグラフィーで爬虫類飼育ケースを見たらケース全体の熱い所寒い所が分かるのです。

またそのケースで飼育している生き物の体温も知ることが出来ます。

 

これ、爬虫類にだけでなくアクアなどにも使えるのではないでしょうか?

場所ごとの水温確認などに。

 

欠点があるとすれば、若干慣れるまで操作が難しい所ですかね。

昔私が短大生だったころに壁面緑化の効果確認のためにサーモカメラ使った事があったのですが、操作が中々に大変だった。

 

あと、まだまだ高価ですよねぇ。

ちょっといい物だと中々に手が出しずらい価格していらっしゃる(笑)。

 

ただ、持っていれば色々と応用が聞きますので持っていて損は無いでしょう。

 

個人的にオススメなサーモカメラはこちら

『CAT S60』

耐衝撃性の他に水深5mでも1時間稼働出来ます。

 

勿論スマートフォンなのでサーモカメラ以外の普通のスマートフォンとして使い方も可能です。

 

商品の詳細・購入はこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索