イッカクは知覚過敏になったら地獄なのではないのだろうか

August 29, 2018

イッカクと言う動物を知っている人は多いのではないでしょうか?

 

北極に住む鯨の仲間で大きさは4メートルほどです。

それだけなら普通の鯨なのですが、このイッカク最大の特徴が頭部にある大きな角です。

 

 

この角、大きさはは約3メートルほどと自身の体長ほどの大きさもあります。

もうなんというか、ロマンが凄いですよね。あんな大きな角持って泳いでるんですよ。

ですが正確に言えば、あの角は『角』ではなく『歯』なのですよね。

 

オスの歯が伸びて来て皮膚を突き破って角のようになっているのです。

そこで私、ふと思ったのです。

「知覚過敏になったらイッカク地獄なんじゃね?」

と。

 

知覚過敏と言うのは冷たい物を食べたりしたら歯に痛みが走ったりする病気(?)です。

そしてイッカクが住むのは北極海。海も非常に冷たいはず。

そんな海の中であんな大きな歯を出したまま泳いでるのですがら知覚過敏になったら地獄なのではないのではないでしょうか?

 

このイッカクの歯に人間みたいに神経が通っているのかは分かりませんが通っていたらこの知覚過敏の可能性はあるのではないでしょうか?(笑)

 

  

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload