メガロドンはみんなの心の中に生きていると思うの

September 1, 2018

最近巨大サメの映画予告CMを見ました。

 

いやー、やっぱりみんなサメ好きなんやなって。色んなサメ映画あるじゃないですか。ネタ的な物もるけど。

 

 

で、やっぱり巨大ザメといったら『メガロドン』だと思うのです。

 

 

 

 

今生きているのが確認されている肉食性のサメで一番大きいのは『ホオジロザメ』だとは思うのですが(プランクトン食のサメを含めたらジンベイザメが一番デカい。というかジンベイザメは現生する魚類の中で一番デカい・)。巨大ザメといったらと聞かれたらホオジロザメではなくメガロドンと答える人は多いと思うのです。このメガロドンはこのホオジロザメももっとデカいですし。

 

ホオジロザメは7~8メートル位、メガロドンは11~12メートルで大きい物は20メートル位あったと言われております。このメガロドンの大きさはジンベイザメの大きさと酷似しています。

 

つまり大きさだけ考えれば、ヒゲではなく歯を持ったジンベイザメが猛スピード襲い掛かって来ると考えるのが分かりやすいのかなと(笑)、体形は全然違いますけどね。

 

で、このメガロドン世間一般的には絶滅したと考えられていますが、じつは生きているのではないのかという話をよく聞きます。

深海に適応できるように進化し実はひっそりと生きているのではと言うのです。

 

まぁ、深海でもデカ生き物なんていうのは沢山いますし、それらを餌にしていたら考えられない話ではない、のかなとも思ったりもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload