カンディルは意外と簡単に飼える 『綺麗な悪魔ブルーカンディル』

September 23, 2018

アマゾン川で恐ろしい生き物のひとつと言われる魚カンディル。

 

他の魚などのエラなどの『穴』から体内に入り体中を食べるという中々にえげつない生き物。

勿論人間でも例外ではなく、人間の場合は肛門から入って体内を食べてしまうのだとか。

 

中々に変わった生体の生き物なので飼育は難しいのかなと思ったりもするのですが、意外とそうではなく、飼育下でアカムシなんかを食べてくれるようです。

ただ、皮膚が若干弱い生き物のようなので質の高い外部フィルターやマジックリーフを使うと良いでしょう。

 

カンディの中でオススメのカンディルはブルーカンディル。

最大の大きさが 20センチ前後とそこまで大きくならず。色もブルーカンディルの名前の通り青色で綺麗な色彩をしています。

 

なお、飼育の際は『同種』なら混泳(が一応)可能です。それ以外は餌でしかないですから(笑)。

あとカンディルにいる水槽にお尻つっこんだらお尻に入りこまれるので止めておきましょう。

 

ブルーカンディルの購入はこちら

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload