ジャイアントウッドローチの脱皮と湿度の考察

October 18, 2018

我が家で生まれたジャイアントウッドローチがほとんど成虫になり新たな子供が生まれるようになりました。

 

 

 

で、やはり一部の個体は脱皮不全の個体も出ています。

羽がほとんどなくなっています。 

この私の所で脱皮不全している個体、ケース内の湿度が下がったっている時に脱皮した個体が題府善になっている傾向が強いみたいなんですよねぇ。

 

高めの湿度ど維持をしている現在は高い湿度を維持しているのですが、それからは脱皮不全の個体は見なくなりましたし。

 

後影響があるとしたら密度も関係ありそうです。

脱皮中に他の個体に刺激されて羽にダメージを受けたりだとかも考えられます。

 

ただ、ブラベルスのように身体の一部を齧られているなどの共食いは見られません。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索