今後の爬虫類の餌は真空生餌と人工飼料の発展が面白そう

November 7, 2018

最近は爬虫類の餌も種類が増えてきました。

そんな爬虫類の餌で今後の発展が面白そうなのが『真空生昆虫』と『日本産の人工飼料』の2種類です。

 

まず『真空生昆虫』の方ですが、これはプロバグズさんが出している商品ですね。

 生の昆虫を真空保存した物です。

コオロギやシルクワーム、デュビアなんかがあるのですが、容量に対して値段が若干

 

これだけなら餌、このプロバグズの最大の面白さは非常にマニアックな真空ナマ餌も売っている所でしょう。

 

『プロバグズ スコーピオン』 

 

 

 

『プロバグズ ムカデ』はムカデ専食のヘビなどがいたためそのようなタイプの生き物のための餌でしょう。

どちらも生タイプの餌なので食いつきも期待でき、

 

もう一つは、人工飼料です。

人工飼料昔からあるのですが、最近は日本メーカーの人工飼料が増えてきたなと。

 

今までは大体海外でしたからね。レパシーとか。

現時点ではレオパの人工飼料なんかがどんどん出ていますが、今後はその他の生き物の日本産人工飼料も増えていくのかなと。

価格も今までの餌に比べリーズナブルですし。

次はクレスなんかの飼料が増えていくのではないかと勝手に思っております。

 

これらの餌はペットがある程度人気が出て、飼育している人が増えないと出てこない商品です。そうでなければ利益が出ませんからね。

 

そう考えるとメジャーな爬虫類もマニアックな爬虫類もどんどん日本で飼育者が増えて来ているのだなと思う今日この頃です。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload