ヤフオクから生き物販売ができなくなる日

January 9, 2019

私はデュビアの販売を『ヤフオク』で行っています。

理由は単純で集客力がとても強いし。取引が便利なのですよね。

 

自分で販売ページ作って販売した方が手数料の面でもお得だったりするのですが、それを踏まえても魅力があるのです。

 

今でこそ普通に販売出来ていますが、これそのうち生態出品できなくなるのではないのかなぁと思う訳です。

これ何でかと言いますと、時折問題になる野生個体の乱獲・販売の影響です。

 

哺乳類・爬虫類を販売する際は販売側が資格販売を持っておりかつ対面販売しか出来ないので難しいですが、それ以外は資格なし対面必要なしで販売出来るので捕まえてすぐ売る事が出来るのですよ。

ですので、良い生体のいる場所を見つけたら誰でも乱獲しまくって売る事が出来る状態にあるのですよね。

 

では、どう対策をしていけば良いのかという話なのですが。全ての生き物に販売資格を義務付けるという方法がありますが、これは現実的ではありません。

 

魚で考えてみてください。

バンバン産まれバンバン生まれるグッピー。あれの販売を資格必要にしたりするのは相当に手間がかかります。書類の量なんかもとんでもない事になるし。

 

それよりも簡単な方法が『販売出来る場所を無くす』なのですよね。販売出来る場所が無くなってしまえば

最近は何かとうるさい時代。

苦情などが増え運営側がメンドクサイと感じてしまったらあっさり禁止されてしまいます。

 

一度動けば出来ればその流れは様々な面で加速していくでしょう。そうなってしまえば個人の生き物業は一部で一時的だとはしても大きなダメージを受けてしまうのは確実です。

ではどうすれば良いのか。個人がこの流れになってしまったら抑える事は不可能です。

 

だからこそそうなっても良いように前から言ってる『収益の分散化』なのです。

結局どんな問題もそれで解決するしかないのですよね。

 

そもそもとして、生体販売を『仕事』にしたいなら販売しながら同時に『生き物を売らなくても良い収益作り』も考えていかなきゃならんのですよね。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload