異世界餌屋妄想録第4回:異世界だと爬虫類の健康管理も簡単かもしれない

January 2, 2019

異世界でもヘビやトカゲ等の爬虫類を飼育している人は多いと思うのですよ。

現実世界でも種類によっては飼育が難しかったりします。

 

異世界なら爬虫類も変わった種類も多い可能性が高いです。その分変わった飼育環境を求められる可能性がある事も多くなるでしょう。

ただ、一部爬虫類なんかは現実世界よりも飼育しやすい可能性があります。

 

これ何故かと言いますと、異世界の爬虫類は意思疎通が出来る手段がある可能性が高いからです。

爬虫類自体がしゃべるもしくは魔法で会話が可能な可能性があるからです。

 

意思疎通が可能であるならば餌の好き嫌い、体調確認も簡単になります。意思疎通できるのですから聞けば良いだけの話なのですから。

 

生き物の飼育の際は何を考えているのか分からないというのが大きな壁になりますからね。

マイナーな生き物の場合は情報が少なく環境作りなんかが手探りになりますからね。

その問題が解消されるのですからこれほど有難い事ありません。

 

まぁ、会話で意思疎通できる生き物を『飼育』と呼ぶのはどうかとも思いますがね(笑)

 

そういえば爬虫類ではありませんが。一時期犬の言っている事が分かる『バウリンガル』なる物が流行りましたがあれどうなったんですかね。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索