異世界餌屋妄想録第8回:活人間・冷凍人間もあるかもしれない

February 1, 2019

前回の異世界餌屋妄想録で出た人食い植物のように『人間を主食にする生き物』もいる事でしょう。

 

まぁ、そんな人間と言う自分(飼育者)を餌にする可能性のある生き物を飼育する人なんて限られているでしょうが、飼育する人も確実にいるでしょう。

 

大半の飼育者は他の生き物の肉や人工飼料などで『代用』しているでしょうが、中には「人食いなんだからやはり人を与えるべき」とかいう闇の深い人間がいるかもしれません。

 

そんな人のは恐らく『餌用の人間』を探してくるでしょう。

「そんな餌用の人なんているの!?」と思うかもしれませんが、凶悪犯罪者などの死刑囚がそこに当てはめられるでしょう。

人によっては「SCPのDクラスみたいなやつら」といったら分かりやすいかもしれませんね。

 

「犯罪者に慈悲は無い」というような時代背景の世界ならば、死刑囚を使って人体実験とか普通にやるでしょうし、その死刑囚を流用した感じで餌にしてるかもしれません。

 

生きているやつや冷凍保存された奴等々。

 

物が物なので扱う所は本当にごくわずかで限られるでしょうが(私もそんな商品扱いたくはない(笑))、一部マニア(?)には貯まらない商品になっているでしょう。

 

さらに「そんな扱いをされるなら」と犯罪に走るのを留まる人も出るでしょうし、意外と治安に一役買っている…かも(笑)

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload