小学校の校庭に首なしのハトの死体があった話

February 11, 2019

私が小学生の頃、小学校の端っこでいつものように虫探ししていた時の話なのですが、ちょっと草木が生い茂った校庭の端っこでハトの死体を見つけたんですよ

。ただ、その死体がかなり変わっていたんですよね。

 

先ず首が無かったんですよ。切り口も奇麗に切られた感じでそして体は綺麗に整えられていたのですよね。明らかに獣に襲われたような状況ではない。

そして虫とかも湧いていなかった記憶があります。だからそこに置かれて時間もそこまで経ってなかったのではないかと。

 

周りも血なんかも無かったので恐らく別の場所で首を落として学校の校庭に捨てた感じですかね。

校庭の本当に端っこのほうだったので誰も見付けなかったのでしょう。

 

で、当時の私が取った行動は先生に連絡してその先生と一緒に埋めて隠しました。

先生も一人は嫌だったんですかねぇ(笑)いま児童にそんな事させたら色々と問題になりそうですよね。

当時の私も私で特にグロいとも感じずちょっと観察し黙々と埋める作業を行ってた記憶がある。

むしろ今の方が耐性が無いかも…。

 

しかし、今考えると怖い話ですよねぇ。

周辺にヤバいヤツがいることほぼ確定な訳なんですから。

 

まぁ、埋めた後の音沙汰は私の記憶だと何も無かったのですがね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload