異世界餌屋妄想録第10回:ミミックの飼育は「部屋を飼う」といった感じかもしれない。そして餌は…

June 28, 2019

久しぶりの妄想録です。そして記念(?)の2桁台突入です。

 

今回の生き物は『ミミック』

RPGなんかで宝箱に擬態して人が近寄って来た瞬間に襲い掛かって来るアイツです。

 

このミミックを「食事の必要がある生き物」として考えた場合、近づいてきた相手を襲うのは食料とするためと考えられます。

 

つまりミミックの捕食対象は「宝箱に良い物があると理解している知能を持った生き物」つまり人間という事になります。

 

で、そんなミミックを飼育する際の餌は物にあるかという話ですが、まぁ基本捕食対象にしている人間は与える事は出来ませんよね(よほど人間の命の重さが軽くない世界な限り…)

じゃあ代用の餌はどんな物か考えると真っ先に出て来るのは「人間に近縁な雑食性のサル」等になって来るのではないでしょうか?

 

ただ現実世界のサルで考えると。大体のサルは保護対象なので中々難しいかもしれません。

じゃ、それ以外の代用餌は何かあるのかと考えたらウサギになるのかなと。

ウサギなら現実世界でも餌用で与えている人、売っている人いますから。

まぁ、これもその世界の価値観次第でしょうが。

 

ただ、与える頻度はそこまで多くなくて良いのではと考えられます。

ミミックは基本動かない魔物でエネルギー消費も少ないでしょうし、いつ獲物にありつけるかも分からない生活環境でしょうから。

 

で、いざ飼育するとなりとどんな環境になるのかという話ですが、これは部屋1つを贅沢に使ってダンジョンの一部等を再現してそこに住まわせるといった感じでしょうか?

タイトル通りその生き物(魔物)が住む環境ごと飼う、といった感じです。

ダンジョンを自然の物と考えたらネイチャーレイアウト水槽のでっかい版といえるかも。

 

部屋や餌のコストを考えるとミミックの飼育という物は富裕層の娯楽といった感じなのかもしれません。

 

異世界餌屋もそのうち頑張って書きます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload