海水水槽への憧れ#1:やはり海水魚飼育は水槽も機材もデカくてなんぼだよなと思う今日この頃

June 29, 2019

ブログで海水水槽シリーズを立ち上げました。

最終的にはこのシリーズで自作の海水水槽の作成・紹介できればという野望を持っています。

 

何度か記事で書いた事ありますけど、私10代の頃海水魚にどっぷりハマっていた時期があったのですよ。

 

いや、今でも好きですよ?

サンゴだったらオオバナサンゴ、魚だったら…色々あるのですが、

でもですね、今やるなら海水魚やるなら最低でも90cm以上の水槽とそれに見合った規模の機材でやりたいと思うのです(当時は60レギュラーでやっていた)

 

なんでかと言うと、海水魚の場合『水量』と『機材能力』がホント重要なのです。

水量が大きくなれば大きくなるほど水質が安定しますしそれに合わせて機材も規模をデカくすればするほど更に水質も安定し飼える生体の種類も増えます。

あと機材がでかくなればその分機材の管理もし易くなる気がします(個人の感想です)。

小さい機材だとこまめに手入れが必要だったり。プロテインスキマーとか。

 

60だとねぇ…ギリギリなんですわ、色々と。

だから水槽はデカければデカいほど良いのです。

 

ただ、海水水槽の機材というのは、恐ろしく高いという問題があります。良いプロテインスキマーとか

 それ以外にも諸々水槽なりとか良い物を集めていたら機材代だけで10万は軽く超えます。

ですので、海水水槽は昔から言われている通り『金持ちの道楽』なんでしょうねぇ。

 

まぁ、そこまでの水槽作りたきゃ経済的に成功しろって事でしょう(笑)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload