結局、適切な湿度管理という物はその人の経験次第だと思う

July 18, 2019

先日ジャイアントウッドローチに関して

「どれくらいも湿度が良いのか」

という質問をもらった。

ローチとか

 

まぁ、一応私もGウッドは販売できる位には繁殖出来ているのである程度は教える事が出来ます。

ですので、見た目どれくらいの湿り気があればいいのかは教える事が可能なのです。ただ、最後に

「あとは経験次第やね」

という言葉を必ず付けます。

 

結局、最後に一番重要なのは「自分の実践経験」なんですよね。どれだけ本を読もうと、どれだけ人から聞こうと。

自分のいる環境と自分の生体管理に使っている機材、それらを使って飼育してきた得た情報を基に自分だけの湿度管理及び維持方法を作っていくしかないのですよ。

全く同じ環境・機材で全く同じ経験を積んでいる人間なんて居ないわけですから。

 

ちなみに、私の所ではジャイアントウッドローチの湿度維持および目安は表面積が広く深さもそこそこあるプラケに腐葉土を厚めに敷いて湿度保持をして湿度は腐葉土をほじくり返したときに「湿っている」と分かっている位です。

 

以下自分が使っている飼育機材

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索