宇宙人はどのくらいのレベルで『飼育・観察』対象ではなく『対話』対象になるのか

July 28, 2019

「宇宙人はいるのか?」

ずっと議論されている疑問に1つでしょう。

 

 

様々な意見があるでしょうが、私自身は「絶対いる」と思います。

理由はすごく単純で地球に似ている惑星の数だけでも数百億ともいわれているので我々人間に似た生物がいる星が地球だけというのはありえないと思うのですよね。

 

ただ、私が疑問があるのは宇宙人がいる前提での話なのですが、

「宇宙人がどれくらいの生活レベルなら『文化的交流』を行うの対象になるのか」

という疑問です。

 

現状地球では人間と交流を持っている生物という物は存在しません。

人間と非常に近いといわれる類人猿らも交流ではなく『飼育・観察』の対象です。

 

宇宙人がその種族だけで会話いたとしてもある程度の多種と積極的に意思疎通を図るような行動をしてする。もしくは住居や建造物などを建造しているなど我々が「文化的」と呼ぶ生活をしているなどが無ければ捕獲・飼育の対象になってしまう可能性が高いのではないでしょうか?

 

地球が宇宙人に侵略される映画や漫画とかもありますが、状況によっては我々がその映画のエイリアンの立場になる事だってあるかもという事です。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

お得に買い物しませんか?

ポイントサイトを利用してお得に買い物や旅行をしませんか?

​私のヤフオクの販売ページからもお得に買い物出来るようになりますよ。

詳しくはこちらへ

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload